New おっ!!な芸能まとめ

当サイトは、芸能ニュースを中心に様々な情報を2ch(5ch)やTwitterのまとめブログです。
知らなかった情報やちょっとためになるかもしれない情報があるかもしれないので楽しんでください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント、歌手、YouTuber。旧芸名は中川 薔子。出生名は中川 しようこ、2023年4月の結婚を機に同年11月より本名を芸名と同じ翔子(しょうこ)へ改名した(後述。結婚後の姓は非公表)。所属事務所はワタ…
    185キロバイト (20,598 語) - 2024年4月16日 (火) 00:06
    中川翔子の歌声がこの映画にピッタリで、感動的なシーンがより一層引き立っていました。堀井雄二×ヒャダインの曲も、流氷の美しい情景を彷彿させるメロディが心に残ります。

    1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/04/30(火) 12:41:51.42 ID:794fyuOq9
    中川翔子が、2024年夏発売予定のNintendo Switch /Steam向けゲーム「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ~追憶の流氷・涙のニポポ人形~」の主題歌「流氷に消ゆキラリ」を担当し、作中に登場するキャラクター中山めぐみの声優を務めることが発表された。

    このゲームは「ドラゴンクエスト」シリーズで知られる堀井雄二が手がけたアドベンチャーゲーム「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」のリメイク版。2024年を舞台にした堀井監修の完全新作ストーリーも収録される。

    主題歌「流氷に消ゆキラリ」を堀井が作詞に初挑戦し、ヒャダインが作曲を担当した楽曲。5月5日に行われる中川のバースデーライブ「Shoko Nakagawa Birthday LIVE 2024 さんきゅう(年齢非公表)」で初歌唱される予定だ。

    なお中川は中山めぐみ以外のキャラクターのボイスも担当しているとのこと。ファンは発売を楽しみにしておこう。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ebcdd6ca41365cd6cea79b295004058b8ca251d8

    【【芸能】中川翔子「オホーツクに消ゆ」主題歌を歌唱、堀井雄二×ヒャダインの「流氷に消ゆキラリ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「UFOは毎日飛んでないから!」 オカルト雑誌『ムー』、45周年を支える「ノンフィクション」へのこだわり


    “【月刊ムー編集長 三上丈晴 VS と学会重鎮 皆神龍太郎】 第1回「ムーの読者は、ムー読んでるって言わない」 (全3回)”. サイエンスニュース. 2018年1月8日閲覧。 ^ “超ムーの世界R  雑誌「ムー」とのコラボが実現!”. エンタメ~テレHD. 2016年3月4日閲覧。 ^ “月刊ムー
    15キロバイト (2,069 語) - 2024年4月14日 (日) 15:08


    UFOもそうだが、『ムー』はノンフィクションにこだわる姿勢には敬意を表したい。

    UFOや超古代文明などのテーマで愛されるオカルト月刊誌『ムー』が2024年で45周年を迎える。創刊のきっかけは、学研が発行していた『中学1年コース』などの「学年誌」。世界の七不思議など、時期を問わない「暇ネタ」が好評で、専門に扱う媒体をつくることになったという。

    その『ムー』が同じく1979年創刊の『地球の歩き方』とコラボした旅行ガイドブック『地球の歩き方 ムーJAPAN:~神秘の国の歩き方~』がこのほど発売された。

    かたや不思議・超常現象、かたや正確な情報を売りにする「バックパッカーのバイブル」。「水と油」、「混ぜるな危険」といった言葉も浮かぶが、いったい読者をどこへ連れていくつもりなのか。本当に大丈夫?

    4月18日、都内で開かれた出版記念トークショーでは、『ムー』が長く愛される理由が随所ににじんだ。

    ●ムーが注意した法律問題

    制作にあたり、『ムー』編集長の三上丈晴さんは「一線を引いた」という。

    「『ムー』っていろんなものを扱っているんですけど、今回の本で心霊は扱っていないんです。事故物件だとか廃墟だとか、幽霊が出るところは不動産価値が下がるとか、下手したら不法侵入になってしまうような場所もある。

    もちろん、(『ムー』本誌では)そういう企画も扱うんだけど、今回はそれはないっていうのがこだわり。やっぱりね、必ず行っちゃうんでね」(三上さん)

    解説しよう。廃墟も基本的には誰かの所有物で、「立ち入り禁止」などの表示があることが多い。他人が管理する建造物に、管理権者の意思に反して立ち入ると建造物侵入罪(刑法130条)に問われる可能性がある。

    仮に、建造物侵入罪に該当しなかったとしても、軽犯罪法1条1号違反に問われる可能性がある。

    無理やり法律の話にこじつけたように思うかもしれない。しかし、心霊系YouTuberが法律を逆手にとって、肝試しで廃墟ホテルを訪れた男女4人に対して「不法侵入になる」などと金を振り込ませたとして、脅迫や弁護士法違反の疑いで逮捕される事件が2023年に起きているのだ。

    ●日本にもピラミッドがいっぱい

    法律の話を無事に消化したので、ここからは思う存分『ムー』の話である。

    実は『ムー』が『地球の歩き方』とコラボするのは今回が2回目となる。1回目は2022年で、『地球の歩き方』が事業譲渡で学研グループ入りしたことで実現。『地球の歩き方 ムー:~異世界の歩き方~』と題して、世界各地のピラミッドなど、不思議スポットを紹介した。

    しかし、当時はコロナ禍。現地には行きづらいので読んで楽しむという側面が強かった。一方、今度の第2弾はコロナ禍もひと段落したうえに日本が舞台。『地球の歩き方』の新井邦弘社長は、「今回は『行ける魔界』」だとアピールする。

    紹介するのは、国内の(やっぱり)ピラミッドなど不思議スポット。ピラミッドのように、三角形は宗教的なものと結びつくことが多い。国土の多くを山が占める日本では、その役割を山が果たすことがあったとされる。

    「日本にはピラミッドがいっぱいあるんですよ。単なる山じゃねーかよってツッコミもあるかとは思うんですけど。ここには壮大なる超古代史と歴史とロマンの神秘があるわけです。ただの山じゃないんですよ、これが」(三上さん)

    ●『ムー』は「ノンフィクション誌」だった

    地球の歩き方』的に「超古代史」や「神秘」は大丈夫なのだろうか。実は社長の新井さんは元『ムー』編集部員。一見すると正反対のようにみえる両誌だが、意外にも「同じ地平にある」という。

    「『地球の歩き方』は、旅の人たちが間違えないよう、きちんとした情報を伝えないといけない。行ったことがないところから、きちんと安全に帰ってくるため、ファクトをきちんとチェックして、新しい情報になったら改訂版を出していく。

    じゃあ『ムー』はファクトを使ってないのかっていうと違う。まやかしじゃないんですよね。エビデンスをきちんと載せている。創作でいきなり出てくる紛いもののお話は、ほぼほぼ出てこないんですよ」(新井さん)

    新井さんが『ムー』編集部にいたとき、当時の編集長からは「『ムー』はまず事実を扱うんだ」と徹底的に叩き込まれたという。単に「不思議」なだけで、「ロジック」が破綻している原稿は「読者が納得しない」と突き返されたそうだ。

    新井さんは、2誌とも「ノンフィクション誌なんです」と熱弁をふるう。事実(?)、第1弾コラボは2023年に日本最古のSFアワード『星雲賞』のノンフィクション部門を受賞している。

    そんなこだわりへの伝統があるからか、『ムー』の三上さんは「いつもネタに困っている」と笑う。

    「ひたむきにあやしく。人を見たら『ネタない?』。もうとにかくネタがないんだよ。創刊当時からネタがない(笑)。毎日UFO飛んでないんだから! 大変なんだよ!」(三上さん)

    ●『ムー』を支える「オカルトリテラシー」の高い読者たち

    今回の『地球の歩き方 ムーJAPAN』を活用して、自治体と連携したツアーの計画もあるという。

    「多分イベントに来る人たちは余裕を持って、こういうオカルトを楽しんでくれる。『UFOを集めましょう』っていっても、『UFOが来なかった』って怒る人いないじゃないですか(笑)。

    地球の歩き方』も、みなさんオーロラを見に行きますけど、見られないこともありますよね」(新井さん)

    オーロラというより、宇宙人がまるでイルカクジラのような扱いだ。しかし、そうした部分も楽しんでくれる「オカルトリテラシーの高い人たちが、『ムー』という媒体を読者として支えてくれている」と新井さんは話す。

    学者にも「隠れキリシタン」ならぬ、「隠れ『ムー民』」は多いといい、東大の有名研究者に「人類はどれだけサイボーグになれるか」という企画を持ち込み、面白がられたこともあったそうだ。

    後輩の三上さんも、「(取材の電話をかけるときは)最初『ムー』っていわないで、学習研究社、学研です。そういうと門前払いはないからね」と笑う。

    ちなみに三上さんによると、読者の約4割が女性。そのうちの多くは主婦層が占めるという。

    「業界的にいうと、『ムー』の表紙をみていだくとわかるんですが『赤文字系』(笑)」(三上さん)

    母を通じて子どもが熱中し、三代で愛読といった広がりもみせているそうである。

    「UFOは毎日飛んでないから!」 オカルト雑誌『ムー』、45周年を支える「ノンフィクション」へのこだわり


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「UFOは毎日飛んでないから!」 オカルト雑誌『ムー』、45周年を支える「ノンフィクション」へのこだわり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【速報】物価上昇上回る所得「必ず実現する」と首相 | ニコニコニュース


    岸田 文雄(きしだ ふみお、1957年〈昭和32年〉7月29日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(10期)、内閣総理大臣(第100代・第101代)、自由民主党総裁(第27代)。 外務大臣(第143・144・150代)、防衛大臣(第16代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、規…
    242キロバイト (31,845 語) - 2024年4月27日 (土) 17:29



    このニュースは、1行(タイトルのみ配信)速報です。

    ソースは共同通信社
    https://nordot.app/1156773656524784497?c=59182594473885705



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【速報】物価上昇上回る所得「必ず実現する」と首相】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    光る君へ』(ひかるきみ)は、2024年(令和6年)1月7日から放送中のNHK大河ドラマ第63作。平安時代中期を舞台に、「世界最古の女性文学」と呼ばれる『源氏物語』を生んだ紫式部の生涯を描く。 2022年(令和4年)5月11日に制作発表が行われ、脚本を大石静、主演を吉高由里子が担当し、2023年(…
    85キロバイト (11,429 語) - 2024年4月28日 (日) 00:04
    二宮和也が大河ドラマに出演するなんて、本当に嬉しい!どんな役でもきっと素晴らしい演技を見せてくれるはず。楽しみにしています!

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/04/25(木) 08:12:15.45 ID:xswqOAA99
    2024.04.25 07:00  女性セブン

     昨年10月にSMILE-UP.から独立し、個人事務所を立ち上げた二宮和也(40才)に続々と新規のオファーが舞い込んでいる。そのうちのひとつは、現在放送中のNHK大河ドラマ『光る君へ』の重要な役柄だったという。

    「NHKサイドが二宮さんに出演を打診したのは昨年夏頃。旧ジャニーズ事務所がジャニー喜多川氏の性加害問題で『外部専門家による再発防止特別チーム』を設置し、事務所内が混乱に陥っていた時期の異例のオファーだったといいます」(ドラマ関係者)
     
     実現すれば、二宮にとって初めての大河ドラマ出演となる。嵐では、松本潤(40才)が前作『どうする家康』で主演。松本に続いて二宮が出演すれば、NHKの大河ドラマに2作続けて嵐のメンバーが出演することになる。

    『光る君へ』は、吉高由里子(35才)が“まひろ”こと紫式部役で主演。大石静氏が脚本を手がけ、きらびやかな平安貴族の世界と、まひろが心を寄せる藤原道長(柄本佑・37才)とのキュンとする恋物語が話題を呼んでいる。注目の大河ドラマで、二宮はどんな役を演じるのか――。

    「二宮さんがオファーを受けた役柄は明らかになっていませんが、物語の終盤に出てくる重要な役だそうです」(テレビ局関係者)

     現時点では大河出演について二宮の個人事務所は「そのような事実は一切ございません」と答え、NHKは「制作過程の詳細についてはお答えしていません」と回答した。

     4月25日発売の『女性セブン』では、二宮の大河出演が決まるまでの内幕のほか、《スクープ 1200日ぶり肉声》として嵐のリーダー・大野智がグループ活動休止後、初めてメディア取材に応じた独占告白記事などを掲載している。

    https://www.news-postseven.com/archives/20240425_1959555.html?DETAIL

    【【嵐】《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か】の続きを読む

    このページのトップヘ